人気ブログランキング | 話題のタグを見る

◆2007年5月12日、藤沢市の旧モーガン邸が全焼◆

藤沢市の旧モーガン邸が放火(?)で全焼してしまいました。
神奈川県での活動では、我々とも情報交換しながら保存活動をしてきた団体でした。
残念です。一刻も早い、復興を願っています。

旧モーガン邸を守る会
火事を伝える新聞記事

◇酒蔵の「復活の場」となる土地を探しています。(ご相談は sakakuraあっとmachien.net 事務局電話0465-32-0964 まで、あっと=@)
◇酒蔵再生基金への募金と出資をお願いしています。
# by odawara-sakakura | 2007-05-13 00:23

◆2007年5月9日、基礎石を移動しました◆

2007年5月9日、3年半もの長い間、小早川氏(大長院)に無償で預かって頂いていた酒蔵の基礎石を移動しました。
写真は、そのときの様子です。

重い石を無事に運び終えて、ホッとしました。これも、皆さんのおかげです。
基礎石の新しい預かり場所の提供は、小田原まちづくり応援団の平井太郎さんの所有地を無料で提供いただきました。

基礎石の「石の積み上げ、積み下ろし」は、ボランティアで、「麻生石材(本社八王子市中野上町)」代表の麻生辰也さんと同社スタッフの方にご協力いただきました。(写真参照)
このような作業には、プロの技が必要となります。素晴らしい技でした。心から感謝申し上げます。
また、輸送用の4トントラックを「小楠工務店」の小楠さんがボランティアで提供してくれました。
いつも有難うございます。
◆2007年5月9日、基礎石を移動しました◆_c0000935_0966.jpg
◆2007年5月9日、基礎石を移動しました◆_c0000935_091874.jpg

◇酒蔵の「復活の場」となる土地を探しています。(ご相談は sakakuraあっとmachien.net 事務局電話0465-32-0964 まで、あっと=@)
◇酒蔵再生基金への募金と出資をお願いしています。
# by odawara-sakakura | 2007-05-12 23:50

◆◆◆酒蔵の「復活の場」となる土地を探しています◆◆◆

酒蔵の「復活の場」となる土地を探しています。
(酒蔵の詳細は右のカテゴリ内をクリックしてください)

(ご相談は sakakuraあっとmachien.net 事務局電話0465-32-0964 まで、あっと=@)

●酒蔵の使い道
★なりわい市場・・・仕込み酒の試飲販売、寄木細工の販売、小田原おでんの販売、小田原ちょうちんの販売、小田原ちょうちんペットボトルの販売、小田原ワインの試飲販売、食匠商品の販売など地域商品の市場
★イベントホール・・・コンサート、絵画展、演劇、映画など
★レンタル・・・レンタルスペース、レンタルBOX、レンタサイクルなど
★観光・・・まち歩きのための観光案内所、商店街コンシェルジュセンターなど

●敷地面積  建坪約30坪の酒蔵が建築可能な土地
         (50坪程度の駐車場や空き地などの更地)
●敷地場所 小田原市内で「東海道線と山王川と西湘バイパスと早川」で囲まれた区域内

事務局メールアドレス sakakuraあっとmachien.net
または、事務局電話0465-32-0964までお願いします。(あっと=@)

酒蔵の平面図
# by odawara-sakakura | 2007-01-13 00:09 | 酒蔵再生の土地を探しています

◆酒蔵の部材を一部移動◆

2006年5月25日、小早川氏(大長院)に無償で預かって頂いていた酒蔵の木材を移動しました。
基礎石は、引き続き小早川氏に預かっていただいています。
写真は、そのときの様子です。
材木の新しい預かり場所の提供は、青年会議所のメンバー所有地を無料で提供いただきました。◆酒蔵の部材を一部移動◆_c0000935_73956.jpg◆酒蔵の部材を一部移動◆_c0000935_7392951.jpg













◆酒蔵の部材を一部移動◆_c0000935_739463.jpg
◇酒蔵の「復活の場」となる土地を探しています。
(ご相談は sakakuraあっとmachien.net
または、事務局電話0465-32-0964までお願いします。(あっと=@))
◇酒蔵再生基金への募金と出資をお願いしています。
# by odawara-sakakura | 2006-05-25 07:25 | イベント情報

小田原の酒蔵再生基金への募金・出資のお願い

 今日、全国各地で歴史的建築などが急激にその姿を消しつつあります。小田原市でも例外ではなく、中町の相田酒造の酒蔵が取り壊されることになりました。
 小田原で唯一利用されていた酒蔵を小田原の宝物として残すために設立された「小田原の酒蔵を活かす蔵人の会」では、「①小田原の歴史、生活を伝える貴重な財産である相田酒造の酒蔵を譲り受け、解体するための資金」と「②小田原のなりわい文化の地域資源として、移築、利活用するための資金」の財源となる「小田原の酒蔵再生基金」への募金・出資活動を開始することになりました。

 相田酒造の酒蔵は、小田原久野の地で星野忠兵衛氏が明治15年に創建、その後、相田酒造の創業と共に小田原の早川に移築、大正12年の関東大震災によって井戸が枯れたため、翌大正13年、再度小田原の中町の地に移築された建物です。この酒蔵は、当時のままの酒仕込み蔵として、120余年、現在まで奇跡的に利用され、小田原の酒造家の歴史を伝える唯一の遺構として貴重な存在といえる「なりわい文化の象徴的建物」です。

 「小田原の酒蔵を活かす蔵人の会」は、今後、酒蔵をどのように利活用すべきかを検討し、一日も早く、皆様の手で、この次世代に引き継ぐ宝物を、イキイキとしたまちを築くための拠点のひとつにしたいと考えています。

 皆様の基金への募金・出資を心からお待ち申し上げておりますので、よろしくお願いいたします。

小田原の酒蔵を活かす蔵人の会
 代表世話人 山田敏紀
# by odawara-sakakura | 2006-05-24 11:06 | 募金・出資の目標